L-アルギニン

L-アルギニンとは?

 

バリテイン

アミノ酸という言葉を聞いたことはありますか?人間のカラダを構成するアミノ酸は全部で20種類あり、

 

 

摂取する必要のある9種類の「必須アミノ酸」と、体内で合成できる「準必須アミノ酸」で構成されています。

 

 

L-アルギニンは人間のカラダを構成する20種類のアミノ酸の1つで、成長すると体内で合成できるようになりますが、乳幼児や子供は体内で合成できないために、準必須アミノ酸と呼ばれます。

 

 

L-アルギニンは、1886年にドイツ人の研究者が豆もやしエキスの中から発見しました。塩類として分離すると結晶が銀白色になることから、ギリシャ語のアルギフォエスにちなんで、「アルギニン」と命名されました。

 

 

L-アルギニンの効果とは

 

L-アルギニンは、成長ホルモンを分泌させ、筋肉を作り、免疫力を強化する効果があり、スポーツで筋トレをする人の多くはトレーニングの最中にアルギニンを飲むことで知られています。

 

 

アルギニンは他にも様々な効果をもたらしてくれるために、スーパーアミノ酸と呼ばれています。

 

アルギニンの主な効果

血管拡張作用 血液循環改善 動脈硬化改善 アンモニア低下作用
肝機能強化 男性不妊 生活習慣病予防 デトックス効果
疲労回復 脳の活性化 免疫力の強化 認知症の改善

 

アルギニンはシトルリンと並んで動脈硬化を防ぐ画期的成分として知られ、アルギニンを摂取すると、血中の一酸化窒素量が増え、血管を取り巻く筋肉をリラックスさせ、老化して硬くなった血管を柔らかくして若返らせてくれます。

 

 

実際は、一酸化窒素だけではなく、生活習慣病の予防、抗酸化作用、タンパク糖化を抑える作用などなどが複合的に働いて動脈硬化を防いでいると考えられています。

 

 

 

関連ページ

L-シトルリン|血流改善の成分

 

L-オルニチン|成長ホルモンの分泌促進成分

 

L-トリプトファン|睡眠に入りやすくする成分

 

ペニス増大サプリランキング|増大効果の高いサプリとは?

 

 

 

 

バリテインの口コミ トップページへ